地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、長野の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

長野の地域情報サイト「まいぷれ」長野市

まいぷれ長野の少し役立つコラム

〈ながでんの電車が走る〉Nゲージ(R)レイアウトを楽しくつくろう!

第25回 裏山は里山 ~桜なのに紅葉したほうを作る~

急きょ、針葉樹風の木を60本、追加製作しました。作り方は、第23回でお話しした串焼き方式ですが、今回はあまり背の高くない木にしたかったので、木の幹にはつまようじを使いました。そして、針葉樹は紅葉しないとはいえ、春や夏とは葉の緑の感じが違うはずなので、缶スプレーで茶系の色を吹いて、秋っぽさを表現してみました。

なぜ、急きょ木を作ることにしたのかというと、いなか側の街並みと背景板との間のスペースに、ちょっとした山を作ろうと思い立ったからです。狭いところですし、街並みの陰になって目立たないので、当初は林と畑でササッと済ませてしまうつもりでしたが、それではあっさりしすぎかなと考えました。

その山は、スチレンボードを5層重ねて作りました。これなら、段々畑も作れそうですね。1層目と2層目の手前側が直線的なのは、ここが水路の壁になるからです。水路沿いは、桜並木にすることにしました。いなか側の情景は、季節の設定を秋にしています。桜なのに紅葉したほうを作るとはね……

サクラの木は、第24回でお話しした銅線方式で作りましたが、葉の表現にはフォーリッジクラスターではなく、フォーリッジという素材を使いました。フォーリッジは、細かなスポンジ粒が細い繊維にからみ付いて、それが網状になっているようなものです。

小さくちぎり、枝の先端にひっかけてからかぶせる感じで付けていきました。今回初めてフォーリッジを使ってみたのですが、フォーリッジクラスターよりも、速く楽に作れる気がします♪ 試してみるもんですね! 枝が多く葉っぱがたくさんあるような木を作るのに向いている素材だと思いました。

さて、山は地面まで作りました。まるで戦国時代の曲輪の跡のようです! 失敗しても、木を植えたら地面はほとんど見えなくなるので、以前から試したかった、ターフやコースターフといった草地を表現するための素材をまいてみました。やっぱり、粉系の素材はちょっと苦手です……。

 

どんな里山になりますか、次回をお楽しみに!

 

デハ!

まいぷれ長野編集部

地域ポータルサイト

長野市内の情報を皆さまにお届けします!

長野市三輪1-16-17

この記事に関するキーワード

PICK UP 長野のお店 ~遊び・トラベル~

  • 黒姫ライジングサンホテル

    黒姫ライジングサンホテル

    上水内郡信濃町野尻3807-5

    [ リゾートホテル ]
    信州・信濃 癒しの森~森林セラピー基地~

  • AC長野パルセイロ

    AC長野パルセイロ

    長野市屋島3300

    [ Jリーグクラブ/サッカー・フットボールクラブ・スポーツクラブ ]
    「地域密着協働型スポーツクラブ」を目指して